毎日を明日なきものとして生きる

外遊びの楽しさを探すブログ

トレーニング

今年の釣りもシーズンインしたことで、

今度は山のシーズンインをすべく、近くの低山に登ることにした。

お目当ての山は残雪期で、軽アイゼンも持っていない僕としてはちょっと不安。

なので、今回はトレーニングがてら、ホームの山に登ることにした。

 

今回の目的は、冬の間に鈍った体の準備運動。

もう1つは新調した靴の慣らしである。

 f:id:gonfactory:20180412090105j:plain

スカルパ クリスタロ

昨年まで履いていたキーンのオレゴンから、ソールのしっかりした

靴が欲しくて、今年新調した。

冬の間に色々試着を繰り返し、やっと踏ん切りがついて購入。

どんな靴なのか?と言う期待と不安が入り混じりながら、

ちょっと遅めの9時にスタートした。

落石の影響で予定していたルートが使えず、

この日は初めてのコースにルートチェンジした。

難易度としては双方のコースは大差なく、一部の区間が初めてなだけで、

途中までは登った事のあるコースであったが、2か所の鎖場は

初めて通過するので、その部分は緊張感はある。

 

この季節にしては気温が高く、スタートからすぐに汗が流れ落ちる。

すでに初夏の登山のような様相に、新しい靴を一歩一歩試しながら歩いていく。

 f:id:gonfactory:20180412090131j:plain

里は桜が満開、見下ろす下界に満開の桜が広がり、

こんな風にお花見をすることは初めてで、

とても不思議な感じがする。

 

靴の方は馴染むまでに少々時間が掛るだろうけど、

今までの靴よりも足に合っている気がする。

歩く感覚も良いので、これが長時間の歩行になった時が楽しみだ。

何でもそうだけど、新しい道具はワクワクするもんですね。

新しい相棒ができて、どこまで歩いていけるか楽しみです。

始球式

郷では桜が咲く頃、渓の解禁から1か月余り経とうとしていた。

消化しきれない年休を、最後のあがきとばかりにねじ込んで、

今年の始球式に出かけた。

向かった先はシーズンインに訪れる本流。

その年の初めにこの本流でシーズンインするようになって、今年で6回目になる。

この時期に特別な事があるわけでもないのだけど、

思い入れのあるこの川で、その年のスタートを切るのは何か特別な意味を、

年々増しているような気がするのだ。

しかも今年は特別な人と一緒に釣りをする。

 

季節外れの高気温が続くこの春、慌てて開かせた花も少なくない事だろう。

しかし、当日は寒の戻りか、二週間ほど逆戻りしたような、

ひんやりとした朝になった。

待ち合わせのコンビニに現れたのは、実に2年ぶりになるこの日の同行者。

彼とは元々釣具屋の店員と客と言う関係で、年に数回ほど店に訪れる程度だったが、

僕を覚えていてくれて、店内でその日の釣りや、釣具の話をするのが常だった。

お店が何度か変わっても彼がいる店に訪れたのだが、

昨年お店を訪れた時、辞めたとの話を聞き、もう会えないのではと思って

お店を後にしたことは、記憶に残っていた。

それが何の奇遇か、SNSを切っ掛けに再び繋がりを

持てるようになったのは昨年の話。

しかも、今度は自分のお店を構え、再び戻ってきた。

「釣りの帰りにお店に寄りたいけど、お店空いてます?」

いつものように釣りの帰りに寄るだけのつもりだったけど、

一緒に釣りに行きましょうと返ってきた。

嘘のようなお誘いをいただき、この日を迎えたのだ。

 

前日に上流で冷たい雨が降ったとの事で、

雪代とのダブルパンチで厳しそうだと、水の色が言っている。

しかし、そんな事はあまり問題でなく、

彼と一緒に出来る嬉しさで、テンションは維持できていた。

あまり人と釣りをすることが無く、買ったルアーの使い方も

よくわからないまま、ルアーケースを後にすることも多い中、

ポイントの話、ルアーの話、道具の話はどれを取っても興味深く、

僕にとってはとても貴重な時間である。

1つ1つに意味があり、自分の中で新たな発見と共に、

その点と点が繋がり、世界がまた広がる。

 

残念ながら本流での魚からの反応はなく、

本流を後にして、支流に登ることにした。

着いた川は河原にまだ雪が残り、フキノトウが顔を出す。

 ここ数日の高気温からか、水量は多く、その水は冷たい。

流れ落ちる水量に、2人子供のようにワーっとなる。

白泡の先にルアーを落とし、軽くトゥイッチをくれてやると、

グッと絞り込まれる竿を同行者が見て、ようやく来たかと喜んだのもつかの間、

 f:id:gonfactory:20180408194158j:plain

来たのはタオルと言うオチに、顔を見合わせ笑った。

まるで、小学生にトリップした感覚になる。

いるのに食わないのか、はたまたその場所にいないのか、

魚からの反応はなく、来た道を雪を踏みしめて車へと戻る。

日は傾き最後の川と入渓した川で、同行者にヤマメが来た。

彼は遠方から来た僕に釣らせようと、先にキャストを譲ってくれるのだが、

なかなか期待に応えることができず、後攻の彼に交代するとヒットした。

先行が有利なのは確かだけど、自分が出せないだけで、

釣れる魚がそこにいる。

彼の釣りを見ているだけでも、人と釣りをあまりすることが無い僕にとっては、

すごく貴重で、これも楽しい釣りなのだ。

結局僕は魚と会うことは叶わず、一日の釣りを終えた。

そして、帰りは彼の店により、釣りの話、ルアーの話が、

疲れた体が癒され、棚のルアーをいくつか購入して帰路についた。

やっぱりこれが僕の釣りだなぁと思う1日が過ぎた。

 

こんなへたっぴな僕の付き合ってくれる人がいることに、

本当に感謝の言葉しかない。

本来であれば、彼のような釣りのうまい人が、

僕を相手にしてくれるのだからこんなにありがたい事はないのだ。

今回はいろんな経験をし、新たな釣りの楽しさを発見し、

釣りの楽しさを再確認した1日となりました。

また、よろしくお願いします。

動物園 続き

先週からの続きで、写真を紹介していきます。

 

f:id:gonfactory:20180321110027j:plain

いきなりこっちに向かってきて焦ってシャッターを押した感が、

前面に現れているトラです・・・。

 

f:id:gonfactory:20180321110339j:plain

 

コツメカワウソ

コイツもかわいくて好きです。

もう少し団体でいるところが撮れると、面白いなぁと思いました。

 

f:id:gonfactory:20180321111210j:plain

 

そして、昨年6月に産まれたシャンシャン。

1日大体の時間を寝て過ごすそうで、この時も背中を向けて寝てました。

正面でお顔を拝見できず残念ではありましたが、

小さい背中はなんとも可愛らしく、いい思い出です。

 

f:id:gonfactory:20180321112204j:plain

 

こちらはお母さんのシンシン。

同じ屋外のスペースにシャンシャンもいるのですが、

お母さんは元気に運動中でした。

 

おまけで他に撮った写真の中で、何枚か。

 

f:id:gonfactory:20180321112533j:plain

 

仲の良いデアとイコロ。

 

f:id:gonfactory:20180321112703j:plain

 

フラミンゴの色合いは、写真映えしますね。

近頃で言えば「映え」ですね。

 

f:id:gonfactory:20180321112920j:plain

木の向こうから覗いている、ハシビロコウ

今で言う「ひょっこりはん

 

f:id:gonfactory:20180321113237j:plain

 

池の上に橋が渡されていて、見た目放し飼いのようなワオキツネザル

こう言った展示方法も、観客を楽しませる工夫が見られます。

 

 

f:id:gonfactory:20180321113553j:plain

 

暖かく、過ごしやすい日が増え、

野外の遊びが楽しみになってきました。

次のお休み、どこに出かけるか悩む季節になりますね。

動物園

各地で桜の開花宣言が広がり、

都心の桜並木も、淡いピンクがちらほら見えました。

学生たちは卒業シーズン。

卒業式を終えた準に、街には学生たちが増えていくのと同時に

桜の開花の波も広まって行く様に、次の季節に移り変わったと

感じるのは、季節的な感覚でもあるのです。

 

話は変わって、昨年に続き家族で上野動物園に行ってきました。

昨年6月に産まれた、パンダのシャンシャン。

その影響もあり、過去にあまり経験したことのないほどの

混雑に、人酔いするほどの人・・・。

この集客力たるや、流石はパンダ。

確かに小さな子パンダは、今しか見られないですからね。

 

f:id:gonfactory:20180321104054j:plain

シャンシャンを見るには、整理券で時間制なので、

時間になるまで園内を散策しました。

プレーリードックは換毛期で、この子たちも春が近い事を感じているようです。

f:id:gonfactory:20180321104421j:plain

アザラシはプカプカ浮かびながら、観客にカメラ目線のサービス。

みんなパンダに負けじと、がんばっているのでしょうか。

 

f:id:gonfactory:20180321104823j:plain

寝ているところはまるでネコのような、ライオン。

動いていないので少々残念でしたが、これはこれでいい表情が撮れました。

 

f:id:gonfactory:20180321105047j:plain

僕の好きなホッキョクグマは、すごく動いていました。

 

写真も沢山撮ったのですが、

被写体に動きがあり、屋外の撮影と、少ないシャッターチャンスを

物にしなければならないのは、これからの良い課題が出来ました。

まだまだあるので、次回も写真を紹介します。

春の訪れ

春の訪れを感じる事は、人それぞれあると思います。

3月の初めには、多くの川で解禁になり、

渓流の世界では、冬の間は獣ぐらいしか現れることのない河原が

春を待ちわびた釣人の姿で賑わう。

僕の解禁はいつもこの花が咲く頃、ようやく準備を始めるのが

毎年の合図となっている。

 f:id:gonfactory:20180312105705j:plain

福寿草

ようやく固く閉じた蕾が緩み、鮮やかな黄色の花が顔を覗かせる。

庭先の決まった場所に、毎年花を咲かせる福寿草

今年もこの時期が迎えられたと、嬉しく思うのである。

 

すっかり春めいた陽だまりで、こちらも季節物の入れ替えとお手入れを行う。

 f:id:gonfactory:20180312105630j:plain

時折賑やかに歌う野鳥を横目に、まだ少し冷たい風が心地よさすら感じる。

カメラを持たないこんな時は殺気も薄れて、

野鳥の警戒心も薄れるのはいつもの事で、

この時写真が撮れれば、トリミングなしでいい写真が撮れるのにと、

考えながら靴の手入れをする。

家族の分も手入れが終われば、春の準備が一つ完了。

来る新たな季節に、期待で胸も膨らんでいくのである。

 

雪山の野鳥

最近は庭先に野鳥が飛来するので、

なかなか自然の中、例えば山などに行って

野鳥を見る機会もほぼなくなっている。

季節柄、釣りにも登山にもいかないので、

そもそも目撃する機会が少ないだけでもあるが、

先日雪山へ行った時に、久しぶりに野鳥に遭遇した。

f:id:gonfactory:20180303194721j:plain

恐らく後頭部に白い線があるので、ヒガラだと思います。

松ぼっくりのような木の実をつつき、

枝から枝へ飛び回っていました。

これからこんな機会も増えていくと思うと、ワクワクします。

f:id:gonfactory:20180303195222j:plain

雪山

冬は必ず1度は、家族と雪山へ出かけます。

雪山と言っても、スキー場などではなく、

山村の外れの森の中。

坂道になっていてソリをやったり、

踏み跡もない雪の中にダイブしたり。

ただ雪と戯れるだけ。

子供はそれだって楽しいし、僕だってそれはそれで楽しかったりする。

f:id:gonfactory:20180303190707j:plain

季節感のある遊び、自然の中での遊び、

やっぱり楽しいのである。

f:id:gonfactory:20180303191017j:plain

雪玉転がして、誰が一番遠くまで転がるか、

なんて遊びでも楽しめてしまう。

f:id:gonfactory:20180303191229j:plain

森の小道を歩いていると、動物の足跡が森の奥へと続く。

 多分この足跡はウサギだろう。

雪に覆われた森に現れる小動物、

足跡を見てなんの足跡だろうと考えるのも楽しい。

 

この後はこれまた恒例の温泉に立ち寄り、

今年の雪山遊びはこれにて終了。

いつまで来られるかわからないけど、

また来年も来られたらいいなぁ。

f:id:gonfactory:20180303192544j:plain

季節はもうすぐ春。

それはそれでまた楽しみである。