読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

毎日を明日なきものとして生きる

外遊びの楽しさを探すブログ

春の準備

先日までの寒さも一休み、

ポカポカ陽気に包まれた1月の末。

庭先の陽だまりはまさに春を思わせる暖かさに、

鉢植えの梅も花を開かせていました。

 f:id:gonfactory:20170130092309j:plain

暦の上ではまだ大寒を過ぎたばかり、

1年の中で一番寒い時期に当たる。

春の準備と言うのは気が早いかもしれないが、

花を開かせるその姿に、春を感じてしまうものある。

 

椿、山茶花、蝋梅、南高梅

順を追って花を開かせる庭の木々は、

足音のように一歩一歩、春の訪れを教えてくれるかのようです。

まだまだ寒い日は続くでしょうが、

あと1か月と少しで、春を感じられるようになっていることと思います。

 f:id:gonfactory:20170130092200j:plain

そんなことをぼんやり考えさせられた休日の朝でした。

 

野鳥

渓流釣りや登山をやるようになって、

自然が妙に近い存在に感じられるようになったのは、

単に年を取っただけでは無いような気がしている。

田舎暮しで常に身の回りには、自然が溢れている。

しかし今のような目線で、自然のアレコレについて、

今まで深く考える事はなかった。

趣味を通じて見えること、

なんて言ったら大げさに聞こえるかもしれなけど、

今まで気にしていなかった事が気になるような、

そんな些細な気持ちの移ろいを感じるようになった、

そう言うことだろう。

 f:id:gonfactory:20170102222800j:plain

落花生のリースを作って、

庭先の植木の中につけみました。

毎朝いつ野鳥がくるかと、

楽しみにしています。

前置きが長くなりましたが、

山で見る野鳥の可愛らしさが切っ掛けで、

自宅の周囲にもいる野鳥にも興味が湧いてきた。

住宅地にも現れる野鳥の種類は意外と多く、

庭先の植木の中を飛び交う野鳥を見つけると、

本で調べるのがちょっとした楽しみになっています。

 

初釣り

年が明け、2017年がスタートしました。

仕事の方は正月の余韻を引きずっていましたが、

今週からいよいよ本格始動していきます。

いつも思いますが、年末年始の休みって、

本当にあっと言う間に過ぎ去っていきます。

大掃除、正月の行事、お酒の場・・・

何だかんだ慌ただしいもんですよね。

皆さんはどんなお休みを過ごされたのでしょうか。

 

先週、正月休みの最終日。

毎年恒例にしている初釣りに、管理釣場へ行ってきました。

寒いこの時期、気楽に釣りができる管釣り

年に一度ぐらいしか行くことはないですが、

今ではお楽しみの恒例行事となっています。

 

空がようやくうっすらと白み始める朝6時、

オープンと同時に水辺へ立ちました。

寒いだろうと完全防寒で車の外に出ると、

拍子抜けするほど寒くない事に驚きました。

それでも、車の外気温計はマイナスでしたが、

身構えていたことで、寒くないと感じたのかもしれません。

 

辺りがフラッシュ無しで撮影ができる明るさになる頃、

寒くないとは言え、ガイドが凍結するほどの気温ではあります。

朝一の好反応な時間帯が終盤にかかる頃、

今年の初釣り記念に1枚。

 f:id:gonfactory:20170105102412j:plain

今年も初釣りから良い魚に出会えました。

そして、中盤調子が上がってきた時間帯の締めくくりに、

久し振りのブラウン。

 f:id:gonfactory:20170105102517j:plain

この後、雲が多くなり、北風が強くなってきたので、初釣りは終了。

今年は楽しい釣りが出来そうな予感がします。

どうぞ、皆様も良い釣りができますよう、

心よりお祈り申し上げます。

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます

本年も昨年同様、またそれ以上にごひいきいただければ幸いです。

 f:id:gonfactory:20161220095656j:plain

過去に富士山へ登ったときの写真です。

一富士、二鷹、三なすび、と言われる通り、

お正月の縁起物なので、ご覧いただいている皆様に

今年一年良い年になりますよう、願いが込められております。

皆様にとって、良い一年になりますよう、お祈り申し上げます。

 

 

ランディングネットの網を編む

クリスマスを過ぎ、いよいよ今年も残り僅かとなりました。

すでにお休みに入っている方も、いらっしゃるでしょうか?

年末年始はなにかと慌ただしく、長い休みがあっても、

ゆっくりできないもんですよね。

僕は今週末まで出勤ですが、それはそれで寂しいもんです。

 

冬の僕的な定番と言えば工作です。

しかし、作業場みたいな所が無いので、

木を切ったり、削ったりするのは屋外でしかできません。

なので、夜は屋内でできる網の部分を

コタツに入って編み進めるのが、冬の夜長の定番です。

 f:id:gonfactory:20161220095436j:plain

少しずつ大きくなって行く網に、

依頼くださったオーナーが使うところを想像しつつ、

気持ちはすでに早春の川辺にいるかのようです。

 

週一更新のこのブログは、今年最後の更新です。

今年はこのブログを立ち上げた年でもあり、

色んなことがあった年でもあります。

来年も皆様にとって、良い一年になりますよう、

お祈り申し上げますと共に、当ブログも覗いてやってください。

 

2016年の振り返り

2016年も残すところ後2週間。

今週末にクリスマスを控え、いよいよ年の瀬の雰囲気が、

いたるところで感じられるようになりました。

この時期になると、過ぎ去りし1年を振り返るのが恒例で、

振り返る事で年の瀬を感じる。

そんな無限ループのような1年を過ごしております。

卵が先か、鶏が先かの論点と同様、

人生とは無限ループのようなものかと、

ちょっと哲学的になるのも、この時期ならではと

言うところでしょうか。

 

2016年は正月休みの管釣りから、僕の1年が始まりました。

厳寒のこの時期になると、釣りから気持ちも離れ、

何となく府に落ちない日々に、気を晴らしてくれるのが、

この恒例の管釣りです。

昨年は休みの都合で行けなかっただけに、管釣りは2年ぶり。

正月休みで、沢山の人が訪れる中、手強い魚と対峙するのは、

たるんでいた気持ちが、ビシッとなるかのようです。

季節外れのポカポカ陽気の中、良い魚にも出会うことができました。

 f:id:gonfactory:20161213090358j:plain

春先の一番良い季節は、自宅のトイレをDIYで改装し、

一番良い季節に釣りへ行けないところから、

波に乗り遅れたような気がしました。

GWに予定していた遠征も、家事の都合で敢えなくキャンセル。

解禁から2ヶ月ほど経過して、意気込んで挑んだ本流と源流は、

叩きのめされたと言うにピッタリの結果だったが、

始めて入った渓で貴重な1尾との出会いがあった。

 f:id:gonfactory:20161213090604j:plain

梅雨時期は雨が少なく、毎年通う馴染みの渓は渇水

いつもは川を渡るのも選んだり、迂回するような流れの早い場所であっても、

チャラ瀬と化して、渡る場所を選ばないほどであった。

いつもなら素通りするポイントも、

こんな状況であれば1級ポイントとなる。

そんな事が解っただけでも、良い釣りができたのではと思う。

 f:id:gonfactory:20161213090814j:plain

夏には海水浴のついでに、海、川とはしごフィッシング。

海の方は本命のキスは釣れなかったものの、

童心に返った五目釣りが久しぶりに楽しめた。

外道や餌取りと嫌われる魚でも、

釣れて楽しめる自分がいると言うのは、

何か自分の中で基準となっているようで、

いわゆる確認作業の位置付けに、

こんな釣りはあるのかもしれない。

 f:id:gonfactory:20161213091005j:plain

遠征先の渓は癒しである。

普段、見ることのない景色、反応の素直な魚たち。

数や大きさなんて、ちっぽけな釣人の概念を

遥かに凌駕するものが、そこに存在する。

陳腐な言葉だけど、心に染み渡るような

感動があるのだ。

 f:id:gonfactory:20161213091139j:plain

7月には連続して八ヶ岳谷川岳に登った。

将来おぼろ気に掲げた目標の為に、

毎年少しずつ自らに貸せた課題をこなす。

普段の生活のなかで、必要性の無い事を

やりたくなる年頃と言うところなのだろう。

 

僅かな時間で姿を見せた赤岳かた阿弥陀岳への稜線。

 f:id:gonfactory:20161213091312j:plain

一ノ倉岳を望む稜線。

 f:id:gonfactory:20161213091446j:plain

どちらも終始ガスの中で見せた、僅かな晴れ間が

次の山行に気持ちを繋げる。

 

今年は単独が多い1年でした。

その中で、改めて見えたものもありました。

8年続けたブログを閉じ、新たに始めたこのブログも

もうすぐ6ヶ月となります。

来年もこのブログを少しでも永く、

自分の思いの丈を語れるブログを続けて行きたいと思っています。

ご覧いただいた皆様の今年は、どんな1年だったでしょう?

たまに振り返ってみるのも、面白いと思いますので、

残りの時間でそんな機会を作ってみてはいかがでしょう。

f:id:gonfactory:20161213091601j:plain

季節の果実

師走の慌ただしい中、いかがお過ごしでしょうか。

今年も残すところ、3週間ほどとなりました。

1年なんてあっという間で、どんどん年をとって、

気がつけばまた年末って感じるのは、

僕だけではないような気がしてますけど、

どうでしょうか?

 

年末と言えば大掃除。

週末のホームセンターはごった返し、レジは長蛇の列。

節目と言うことは解るのですが、こんな寒い時期ではなく、

もう少し暖かい時期にやれば良いのに、とも思います。

まぁ、嫌なことが後回しになってしまうのは僕も同じで、

あたふたと足りない日用雑貨を買いに、

ホームセンターに出向く週末を過ごしました。

来年はもっと余裕をもって、この大掃除に挑もうと思うのですが、

結局年末バタバタとやることでしょう。

 

年末の恒例として、植木の手入れがあります。

10月頃にひとまず終わったのですが、

実が付くものや、落葉樹は葉が落ちてからの方が切りやすく、

どうしても年末までずれ込んでしまいます。

そんな中にゆずの木があるのですが、

ゆずの木には枝に大きなトゲがあり、

剪定も一筋縄ではいきません。

革の手袋も貫通するぐらいなので。

しかし、ゆずは鳥や、動物は食べる事はありません。

何から実を守ろうとしているのか、

いつも疑問になっています。

 f:id:gonfactory:20161205134054j:plain

ところで、果物に葉っぱがくっついていると、

なんとなく得した気分になるのは僕だけでしょうか?

 

今年はゆずが豊作でした。

でも、ゆずって使い道に困りますよね。

薬味か風呂に入れるかなのですが、

それにしたってたかが知れたものです。

そんな事をしていると、近所の人がゆずを持ってきてくれて、

我が家はゆず王国になってしまいました・・・。