毎日を明日なきものとして生きる

外遊びの楽しさを探すブログ

改元

4月に入り、真夏を思わせる暑さの日があれば、 雪が降るような寒い日もあり、僕の住む地域で 4月の降雪は9年ぶりなどとテレビが言っていた。 積もるほどではないにしろ、朝支度をしていると 何を着て良いものか考えることもしばしば。 花冷えなんて言葉があ…

竹ランディングネット

今年は6~7年ぶりに自分用のネットを作った。 出来はいまいち。 自分の物となると、真剣さと慎重さが足りず、 あり得ない失敗もいくつか・・・。 まぁ、使えればいい。 そんな失敗も、次に繋がる失敗であれば、 誰かに使ってもらうための物じゃなくてよか…

約束

気だるい昼下がりの仕事をしていると、 最後まで粘り強くくっついていたであろう 桜の花びらがはらはらと窓の外に舞い落ちていくさ様が映っていた。 ふと携帯を見ると、友人からメールが着信していた。 メールを開き、送られてきた写真に驚く。 このランディ…

サクラの季節

今年は変な気候のせいで、 桜が長く楽しむことができました。 桜の季節は、別れと出会いの季節でもある。 堅く閉ざされた蕾が緩んでくると、 春の柔らかな空気の中、淡い色の花を咲かせる。 やがて訪れる緑葉がまぶしい季節。 それは刺激的で、深く印象に刻…

ガビチョウ

桜の開花直後に雪が降るほどの寒波のお陰で、 今年は長く桜を楽しむことができました。 とは、言う物の時期は4月の末ともなれば、 家に近い標高1000m弱ぐらいの山でも、 桜吹雪になるぐらいに散り始めていました。 とある休日、家族で桜見物とそのついでに …

竿袋

釣り竿を買うと、竿袋が付いてくる。 その竿袋にも各メーカー拘りのようなものがあったり、 その竿を買わなければついてこない物もある。 特に車移動だとあまり使わない人もいるのではないでしょうか。 僕も車で移動すときはあまり竿袋には入れないのですが…

始球式

新元号が『令和』となった少し前、 そんな新元号が何になるのか?なんて予想が飛び交う中、 出来上がったばかりの竿を片手に、 ロッドの作り方を教えてくれた友人の元へ車を走らせた。 河原のネコヤナギも膨らみ、 少しずつ春の様相を見せていく。 前日みぞ…

ロッド完成

僕的なシーズン開始は例年3月の末。 それまでに形にしておきたかったロッドリメイクが、 なんとかかんとか完成。 トレザイトガイドに変更し、スピニングのリールシートを 使ってベイトロッドに変更。 トリガーはちょっと使い込んでから検討することにした。…

工作のつづき

ついこの間まで寒かったと思えば、春を通り過ぎてしまったような温かさ。 この時期衣替えをする前で、着る物に困ることもしばしば。 庭先に毎年花を咲かせる福寿草を写真に撮っているのだけど、 つぼみが開きそうなところですっかり忘れていて、 気が付いた…

ロッドリメイク

とある友人の勧めがあって、 ひょんなことからロッドのリメイクをすることになった。 「ランディングネットが作れるんだから、ロッドリメイクは簡単ですよ」 そんな誘いにその気になって挑戦することにあいなりました。 雪もちらつく2月の中旬。 友人の家を…

シジュウカラ

少しずつ春の足音が聞こえてくるような、暖かな日が続く。 冬の間、庭先に毎年来るようになった今年のシジュウカラは、 寒さが落ち着いた頃に、4羽ほどのグループで毎日来るようになった。 本来なら寒さの厳しい時期に毎日のように来るのだが、 なぜか今年…

今年の工作

自分の物だとなんだかやる気が出ない。 昨年の間に接着したグリップは、 ようやく”グリップらしい”形になってきた。 すでに多くの川で解禁になり、 春を待ちわびた釣り人たちで、川は賑わう季節になった。 まぁ、いい時季にできていれば良い。 ただ、陽気が…

新たな挑戦

1年ぶりに会う友人に、ひょんな話からロッドのリメイクを進められたのは、 昨年末のことだった。 なぜそんな話になったかと言えば、渓流に使うベイトロッドが見つからないとか、 そんな話からだったと思う。 その面白さと、それほど難しい物ではないとのそん…

今年のシジュウカラ

今年もピーナッツリーフをやっています。 昨年の秋ごろに庭先で目撃して、 今シーズンは早々とピーナッツリーフを始めたのだけど、 それ以来姿を見ることもなく、ピーナッツが減る事もなく、 そのまま年を明け、季節が進み気温が下がってきたころ、 ようやく…

庭先の野鳥

厳寒期に入り、庭先に野鳥が増えてくる。 寒いのはニガテで、冬はいまいち好きになれないのだけど、 遠くに出かけなくても家の窓から野鳥を眺められる、 そんな楽しみもあるから、嫌のならずにいられるのかもしれない。 野鳥は毎日訪れてくれるのだけど、 な…

時計

腕時計を買った。 そもそも腕時計はあまり好きではなく、 ずっと腕時計をしていなかった。 特に理由はないのだが、今の世の中携帯、スマホに時計が付いていて、 車にだって時計はついている。 時間を知るには不自由はなく、あえて腕時計を持つ必要性も感じら…

バッグ

ネタ不足に悩む寒いこの季節、部屋の掃除をしていて思いついた ギアの紹介をしてみます。 今回はバッグ。 PaaGo Worksと言う、2011年にスタートした日本のブランド。 アウトドアのバッグをメインとして取り扱っておられます。 最初に買ったPaaGoのバッグがこ…

成人式

先週は成人式。 昨年は貸衣装の騒動で大変だったが、 今年は大きな事件もなく、無事多くの地域で祭典が行われていたようだ。 街や駅など晴れ着姿の新成人を見かけ、 自分に重ねあわそうにも、数十年も昔の話に記憶はおぼろげだ。 最近は新成人世代が自分の子…

冬の楽しみ

正月ボケがまだ完治せず、ボケっと週末を過ごす。 冬の間は行動範囲が狭まる事もあり、今やりたいことを見失う時期でもある。 幸か不幸か、最初に自分用に作ったランディングネットがだいぶヤレてきた。 遠征に間に合わすのに、かなり手抜きをして作ったもの…

つきみですが

あけましておめでとうございます。 正月の堕落した生活から一転、社会人としての2019年が始動しました。 体も重ったるく、本調子にはまだ時間が掛りそうですが。 今年もこれから起こる楽し出来事を胸に、 年々進化していきたいと思っています。 今から、どの…

大晦日

慌ただしい年末。 ようやく大掃除も年賀状も終わり、 年末特番を観ながらちびちびとやる。 こんな日常のちっぽけな幸せが、 実は人生を充実させる糧なのかと、 ぼんやり思ったりするのである。 最近なにかにつけて、平成最後と誇張する風潮に どこか少し冷め…

2018年を振り返る記事 ~釣り編の後編~

夏には毎年恒例の遠征へ。 今年は空梅雨で、どこに行っても渇水状態。 いつになく厳しい釣りを強いられることが多々あったが、 それでもそんな時でなければ出会えない魚に、出会う事もあるのだ。 久しぶり そんな言葉が意識せずとも出てくる、そんな魚がここ…

2018年を振り返る記事 ~釣り編~

師走の慌ただしい街に、クリスマスのイルミネーションが彩る。 ようやく12月らしい芯から冷え込むような気温、 こたつにもぐり、今年1年をちびちびと晩酌をしながら、 パソコンに向かう夜。 どんな事を書こうかと、走馬灯のように流れる思い出が、 写真を1枚…

2018年を振り返る記事 ~山編~

今年も残すところ3週間。 また、年末恒例の一年を振り返る記事を書く時期になった。 近年ないような温暖な気候で始まった師走、 庭木の剪定をしていてもあせばむほど。 身構えていた寒さに肩透かしを喰らったようで、 拍子抜けしたところもあり、 いまいち年…

冬到来

今年初の大きな寒波が到来し、体の芯から冷えるのを覚えた朝。 庭先にある鉢植えのビワの木が花をつけているのを眺めながら、 今年も終わりに近づいたんだなぁと、ぼんやり考えていた。 年末恒例の庭木の剪定をボチボチと始める。 毎年行っているだけに、作…

晩秋のキャンプ

郷の銀杏が色づき始める頃、季節は晩秋と呼べるまでになっていた。 朝は厚くなる上着、夕べは日は短くなる。 気持ちは過ぎし日の夏の思い出を思い返すより、 新年を意識できるまで季節は進んでいた。 そんな折、娘の友人家族とキャンプに出掛ける事となった…

登山と野鳥

忙しくよく遊んだ今年の秋。 ここへきてそのツケが溜まり、 自宅の庭の植木の剪定が滞って、 その作業に追われる週末を過ごしている。 と言う訳で、ブログのネタに乏しくなる時期である。 先日、尾瀬に行った時の事、 木道を横切るようにスズメ大の野鳥が目…

今年2度目の尾瀬

今年の秋は例年になく山へ通っている。 特に何があったわけでは無いのだが、 なんとなくそんな気分で、山に行けば紅葉が出迎えてくれる。 安っぽい言葉を使えば、癒しと言ったところだろう。 浅間山、瑞牆山と続いた秋の山行。 そんな僕を見てのことか、かみ…

秋の山行

このとこと絶妙なタイミングで、週末山行にいそしんでいます。 週末になると崩れる天気に、何度フラれたかわからない春先の予定。 徐々に秋が深まっていく中で、台風、秋雨、色んな影響で、 秋の週末も怪しくなっていく。 行ける時に行かないと後悔すること…

浅間山 その3

賽の河原を通過し、Jバンドに登り上げる。 先ほどまで歩いた道に歩いている人が、豆粒のように見え、 そんな風に見えるところまで登ってこれたのだと実感できる瞬間である。 Jバンドからは外輪山の稜線歩き、 4年前も歩いたこの稜線は、ガスのせいでほぼ記憶…