読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

毎日を明日なきものとして生きる

外遊びの楽しさを探すブログ

2016年の振り返り

雑記

2016年も残すところ後2週間。

今週末にクリスマスを控え、いよいよ年の瀬の雰囲気が、

いたるところで感じられるようになりました。

この時期になると、過ぎ去りし1年を振り返るのが恒例で、

振り返る事で年の瀬を感じる。

そんな無限ループのような1年を過ごしております。

卵が先か、鶏が先かの論点と同様、

人生とは無限ループのようなものかと、

ちょっと哲学的になるのも、この時期ならではと

言うところでしょうか。

 

2016年は正月休みの管釣りから、僕の1年が始まりました。

厳寒のこの時期になると、釣りから気持ちも離れ、

何となく府に落ちない日々に、気を晴らしてくれるのが、

この恒例の管釣りです。

昨年は休みの都合で行けなかっただけに、管釣りは2年ぶり。

正月休みで、沢山の人が訪れる中、手強い魚と対峙するのは、

たるんでいた気持ちが、ビシッとなるかのようです。

季節外れのポカポカ陽気の中、良い魚にも出会うことができました。

 f:id:gonfactory:20161213090358j:plain

春先の一番良い季節は、自宅のトイレをDIYで改装し、

一番良い季節に釣りへ行けないところから、

波に乗り遅れたような気がしました。

GWに予定していた遠征も、家事の都合で敢えなくキャンセル。

解禁から2ヶ月ほど経過して、意気込んで挑んだ本流と源流は、

叩きのめされたと言うにピッタリの結果だったが、

始めて入った渓で貴重な1尾との出会いがあった。

 f:id:gonfactory:20161213090604j:plain

梅雨時期は雨が少なく、毎年通う馴染みの渓は渇水

いつもは川を渡るのも選んだり、迂回するような流れの早い場所であっても、

チャラ瀬と化して、渡る場所を選ばないほどであった。

いつもなら素通りするポイントも、

こんな状況であれば1級ポイントとなる。

そんな事が解っただけでも、良い釣りができたのではと思う。

 f:id:gonfactory:20161213090814j:plain

夏には海水浴のついでに、海、川とはしごフィッシング。

海の方は本命のキスは釣れなかったものの、

童心に返った五目釣りが久しぶりに楽しめた。

外道や餌取りと嫌われる魚でも、

釣れて楽しめる自分がいると言うのは、

何か自分の中で基準となっているようで、

いわゆる確認作業の位置付けに、

こんな釣りはあるのかもしれない。

 f:id:gonfactory:20161213091005j:plain

遠征先の渓は癒しである。

普段、見ることのない景色、反応の素直な魚たち。

数や大きさなんて、ちっぽけな釣人の概念を

遥かに凌駕するものが、そこに存在する。

陳腐な言葉だけど、心に染み渡るような

感動があるのだ。

 f:id:gonfactory:20161213091139j:plain

7月には連続して八ヶ岳谷川岳に登った。

将来おぼろ気に掲げた目標の為に、

毎年少しずつ自らに貸せた課題をこなす。

普段の生活のなかで、必要性の無い事を

やりたくなる年頃と言うところなのだろう。

 

僅かな時間で姿を見せた赤岳かた阿弥陀岳への稜線。

 f:id:gonfactory:20161213091312j:plain

一ノ倉岳を望む稜線。

 f:id:gonfactory:20161213091446j:plain

どちらも終始ガスの中で見せた、僅かな晴れ間が

次の山行に気持ちを繋げる。

 

今年は単独が多い1年でした。

その中で、改めて見えたものもありました。

8年続けたブログを閉じ、新たに始めたこのブログも

もうすぐ6ヶ月となります。

来年もこのブログを少しでも永く、

自分の思いの丈を語れるブログを続けて行きたいと思っています。

ご覧いただいた皆様の今年は、どんな1年だったでしょう?

たまに振り返ってみるのも、面白いと思いますので、

残りの時間でそんな機会を作ってみてはいかがでしょう。

f:id:gonfactory:20161213091601j:plain