読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

毎日を明日なきものとして生きる

外遊びの楽しさを探すブログ

遠征 その2

久しぶりの渓で、魚との出会いに足取りも軽く、

さらに上流へと進んで行く。

この渓は切り立った崖に阻まれ、水辺へのエントリーポイントが少ない。

一度水辺に降りると、かなりの距離を戻ってこなければならず、

ポイントの選択をより慎重にしなければ、

時間だけを消費するはめになる。

崖の上を走る山道から水辺を眺め、水量による流れの形成具合を確認しながら進む。

結局、何度かのチェイスはあったものの、バラシがやっと。

そんなことをしていると、深い谷にも日の光が落ちてきた。

所要があるので、この日は時間もなかったが、

さほど落胆も焦りはなかったのは、

その時間帯で1つ核心のポイントが頭の中にあったからである。

それを見越して、そのポイントは飛ばしてあったのだ。

 

この日最後のポイントと心に決め、

このシチュエーションでは絶対的なルアーへと取り換える。

一応手前を軽く打つが、社交辞令のようなもので、

一刻も早く核心のポイントへ打ち込みたい衝動を

ぐっと堪え、ひとつ深呼吸をする。

バックハンドから放たれたルアーは、白泡の中に消える。

スッと落とし込み、1つ目のトゥイッチに衝撃が竿を介して伝わった。

 
f:id:gonfactory:20170512090713j:image

今日の釣りを考えたら、これで十分と思えるほど。

遠征で来たからこその、出会い。

写真を数枚撮った後、ラインチェックをして、すぐさまキャストを再開する。

方法は先ほどと同じ、キャストで少しずつ落とすポイントを変える。

その数投目、ゴンと言う衝撃の後、即座に合わせると、根掛のような重み。

しかし、のそのそと動き出すところを見ると、どうやら本命が来たようだ。

ここ最近は竿のパワーが強すぎて、簡単に寄ってくるのが常だっただけに、

あ!寄ってこない!と、その時思った。

流れに乗り、下流へと走る魚を、強引に向きを変える。

後ろに移動しながら、太い流れから引きはがした。

久々に深い曲がりをする竿を横目に、さらに気持ちも高揚する。

浅瀬に追い込むように、魚を足で囲むと、

「よっしゃ!」と自然に口を突く。

 
f:id:gonfactory:20170512090752j:image

間違いなく思い出の1尾となる魚が、

遠征と言う特別な釣行での出会いで、

自分の中の価値観を凌駕するほどの衝撃を覚えた。

いろんなタイミングで、再び出会うことができたこの渓の魚。

そんな出会いに、感謝しなければならない。

また来年、来られるようなら、また遊ぼう。


f:id:gonfactory:20170512090826j:image