毎日を明日なきものとして生きる

外遊びの楽しさを探すブログ

遠慮しながら

自粛、自粛と何かと我慢強いられる日が続く。

たまには気晴らしと、車でほど近い河川敷の桜を買い物のついでに見に行った。

 f:id:gonfactory:20210411191423j:plain

桜並木に沿って、散歩しながら写真を撮ったりした。

来年は桜の下でお弁当ぐらい食べられるようになればと、祈るばかりです。

f:id:gonfactory:20210411191452j:plain


フエルトの張替え

愛用しているSimmsのウェーディングシューズ。

フエルトの張替えを思い立ったのが、1月のことだった。

 f:id:gonfactory:20210411191208j:plain

古いフエルトを剥がし、交換用のフエルトを型取りをしてカットする。

とりあえずここまでやって、接着は後でやるこにした。

 f:id:gonfactory:20210411191236j:plain

そして3か月後。

今週末は天気も良さそうだし、釣りにでも行こうかなんて

考えていた週の半ば。

なんだ重大な事を忘れている事に気が付く・・・。

そう、僕のウェーディングシューズにはフエルトは張っていない。

 f:id:gonfactory:20210411191322j:plain

慌ててフエルトを張り付ける。

まぁ、そんな休日もあるさと、意気消沈する週末でした。

春支度

日、一日と暖かい日が増し、季節はもう春である。

例年より暖かい日が続き、桜が咲き始めたのは、

都心の緊急事態宣言が解除された時期と重なった。

流石にもう雪の心配はないので、車も春の支度をする。

何と言ってもお楽しみのホイールの装着が待っている。

例年だと面倒な作業も、ジャッキアップするのに鼻歌が混じるほど、

久々に心が躍った。

 f:id:gonfactory:20210403123310j:plain

いろんな角度から、舐めまわすように眺める。

ホイールの計画から、約1年。

どんなのが似合うか、色合いはどうだとか、

そんなところの楽しみを経て、ようやく装着するこの瞬間が最高潮である。

 

暗いニュースでふさぎ込みがちなここ最近の世の中だけど、

日常にある些細な楽しみを、思い出す事が出来た日でした。

奇跡

奇跡の復活で、東京オリンピックメドレーリレーの内定を決めたとニュース速報で知った。

水泳池江璃花子選手。

そこから次々と優勝を収め、改めて池江選手の凄さを知る事になる。

 

一時は本人ですら諦めたであろう、オリンピック出場を自力で掴み取ったその勇姿に、

多くの人が感動したことであろう。

オリンピックを控え、絶頂期のあの若さで大病を患い、自暴自棄になっても

おかしくない中で、努力の積み重ねて夢を掴み取った。

僕も今の池江選手と同じぐらいの年に病気を患い、大きな手術をした経験がある。

なんで自分が、と思ったことだろうが、そこから腐らずに前を向けた事が

物凄い事であり、そう考えられて前に進める人は数限られた人であろう。

そう考えても、池江選手の凄さはそう言ったところにもあるのだろう。

それを『才能』と言う言葉だけで片付けてしまうには、

あまりにも安易すぎると思う。

 

コロナ禍の中、オリンピック開催を反対する意見も多いが、

何か単純な理由で中止するのは、違う気がしている。

今コロナ禍の中、我々に必要な事を考えなくてはいけない。

何かをがんばる姿を見て、感動をもらい、強くなれる。

コロナの死者数は累計で9400人、2020年の自殺者は2万人。

今、本当に必要な事はなんだかを考えていかなければいけない時に

来ているのだろうと思う。

あなたに本当に必要な物な何なのか、考える良い機会ではないでしょうか。

ホイール

僕が車を乗り始めた頃、スポーツカーが履いている

ホイールに胸を躍らせた。

純正は鉄チンホイールが標準の中、

アルミホイール、所謂”アルミ”は憧れであった。

当時、アルミと言えば今のような安い物は無く、

わざわざホイールを交換すると言うのは、

車好きに他ならなかったと思う。

BBS、ENKEI、5-ZIGEN、WORK、PIAA、ADVAN、Oz...。

僕はバイクの方が夢中だったので、車の方まで資金は回らなかったけど、

見た目のカスタム、最初に手掛けるのはやはりホイールであった。

そんな中でも僕が好きだったのがRAYS。

そのシンプルで洗練されたデザインは、バイクにも通ずるものがあって、

特にVOLK Racingはその鍛造と言う響きだけで、酔狂するようであった。

僕も過去に1度だけ所有していたことがある。

と言っても、友人から譲り受けたものなのだけど、

その時は自分もこんなホイールを履けるようになったと、

感動したのをよく覚えている。

特に好きだったのが、RAYSの代名詞的ホイールでもある”TE37”。

6本スポークのそのデザインはいつか履いてみたいと思っていた。

 

JB64を買った時、1番に思いついたカスタムがホイールだった。

どうせ長く乗るつもりだし、買うなら長く愛用できる物が欲しかった。

真っ先に思いついたのがRAYSである。

しかし、TE37が買えるほど余裕もないと思いながらも、

メーカーのホームページを見ていると、57DR-Xと言うホイールが目に留まった。

RAYS伝統の6本ホイール。

しかも、グラムライツと言うRAYSの中でも、廉価的なホイール。

鋳造ではあるが、リーズナブルな価格とその見た目が気入り、

購入することにした。

 f:id:gonfactory:20210306195522j:plain

ときめくものが手に入った時のワクワクは、

いくつになっても変わらないものであると実感した。

春になり、ホイールを履き替えてどこに行こうかと、

こんな楽しい気持ちは久しぶりであった。

雪の世界

しばらく前に長野県にある、戸隠神社に行った時の写真です。

f:id:gonfactory:20210306192126j:plain

 

f:id:gonfactory:20210306192210j:plain

長く続く参道は辺り一面雪景色が広がる。

この日は山頂の方から飛ばされてきた風花が、

太陽の光に反射してとても幻想的な景色の中、雪の中を散策した。

f:id:gonfactory:20210306192314j:plain

 

f:id:gonfactory:20210306192536j:plain

以前夏に来た時に真っすぐ続く杉の参道を見て、

冬に来たらどうだろう?と思い、

いつか冬に来てみようと思っていた。

f:id:gonfactory:20210306192711j:plain

 

f:id:gonfactory:20210306192822j:plain

 

f:id:gonfactory:20210306192913j:plain

 

f:id:gonfactory:20210306193045j:plain

なんとも言えない景色が続く。

色々面倒な時代の中で、癒される時間が過ごせた。

またいつか、次は違う季節に来てみたいと思う。

f:id:gonfactory:20210306193135j:plain

 

福寿草

 f:id:gonfactory:20210306195437j:plain

福寿草は、僕的に春を告げる花である。

庭先のいつも決まった場所に毎年花を咲かせると、

もう冬も終わりに近づいているのだと実感できる。

川の解禁も終えた3月も中頃、例年僕的な解禁は3月末なので、

この花が咲くとそろそろ釣りの準備の合図でもあるのだ。

昨年は緊急事態宣言の最中、我慢を強いられ、

殆ど釣りができなかった春。

今年はどうなるかと不安もあるが、色んな工夫をして

楽しい時間を過ごせるよう、今自分に出来ることをしなければと思っている。

魚も釣りたいが、釣友と会って話がしたい。

山もキャンプも、気兼ねなく行けるようになるのはまだ先かもしれない。

周りの人たちのペースに乱されることなく、正しい情報と判断の中で、

楽しむことを忘れないでいたいと思いました。

 

毎年咲く福寿草

それは何も変わることなく、季節を告げてくれる。

それを見て違いを感じるのは、観ている人間の方であって、

花には花の思うところがあって花を咲かせる。

来年はもっと明るい気持ちで観られるように願うばかりだ。