毎日を明日なきものとして生きる

外遊びの楽しさを探すブログ

ホイール

僕が車を乗り始めた頃、スポーツカーが履いている

ホイールに胸を躍らせた。

純正は鉄チンホイールが標準の中、

アルミホイール、所謂”アルミ”は憧れであった。

当時、アルミと言えば今のような安い物は無く、

わざわざホイールを交換すると言うのは、

車好きに他ならなかったと思う。

BBS、ENKEI、5-ZIGEN、WORK、PIAA、ADVAN、Oz...。

僕はバイクの方が夢中だったので、車の方まで資金は回らなかったけど、

見た目のカスタム、最初に手掛けるのはやはりホイールであった。

そんな中でも僕が好きだったのがRAYS。

そのシンプルで洗練されたデザインは、バイクにも通ずるものがあって、

特にVOLK Racingはその鍛造と言う響きだけで、酔狂するようであった。

僕も過去に1度だけ所有していたことがある。

と言っても、友人から譲り受けたものなのだけど、

その時は自分もこんなホイールを履けるようになったと、

感動したのをよく覚えている。

特に好きだったのが、RAYSの代名詞的ホイールでもある”TE37”。

6本スポークのそのデザインはいつか履いてみたいと思っていた。

 

JB64を買った時、1番に思いついたカスタムがホイールだった。

どうせ長く乗るつもりだし、買うなら長く愛用できる物が欲しかった。

真っ先に思いついたのがRAYSである。

しかし、TE37が買えるほど余裕もないと思いながらも、

メーカーのホームページを見ていると、57DR-Xと言うホイールが目に留まった。

RAYS伝統の6本ホイール。

しかも、グラムライツと言うRAYSの中でも、廉価的なホイール。

鋳造ではあるが、リーズナブルな価格とその見た目が気入り、

購入することにした。

 f:id:gonfactory:20210306195522j:plain

ときめくものが手に入った時のワクワクは、

いくつになっても変わらないものであると実感した。

春になり、ホイールを履き替えてどこに行こうかと、

こんな楽しい気持ちは久しぶりであった。

雪の世界

しばらく前に長野県にある、戸隠神社に行った時の写真です。

f:id:gonfactory:20210306192126j:plain

 

f:id:gonfactory:20210306192210j:plain

長く続く参道は辺り一面雪景色が広がる。

この日は山頂の方から飛ばされてきた風花が、

太陽の光に反射してとても幻想的な景色の中、雪の中を散策した。

f:id:gonfactory:20210306192314j:plain

 

f:id:gonfactory:20210306192536j:plain

以前夏に来た時に真っすぐ続く杉の参道を見て、

冬に来たらどうだろう?と思い、

いつか冬に来てみようと思っていた。

f:id:gonfactory:20210306192711j:plain

 

f:id:gonfactory:20210306192822j:plain

 

f:id:gonfactory:20210306192913j:plain

 

f:id:gonfactory:20210306193045j:plain

なんとも言えない景色が続く。

色々面倒な時代の中で、癒される時間が過ごせた。

またいつか、次は違う季節に来てみたいと思う。

f:id:gonfactory:20210306193135j:plain

 

福寿草

 f:id:gonfactory:20210306195437j:plain

福寿草は、僕的に春を告げる花である。

庭先のいつも決まった場所に毎年花を咲かせると、

もう冬も終わりに近づいているのだと実感できる。

川の解禁も終えた3月も中頃、例年僕的な解禁は3月末なので、

この花が咲くとそろそろ釣りの準備の合図でもあるのだ。

昨年は緊急事態宣言の最中、我慢を強いられ、

殆ど釣りができなかった春。

今年はどうなるかと不安もあるが、色んな工夫をして

楽しい時間を過ごせるよう、今自分に出来ることをしなければと思っている。

魚も釣りたいが、釣友と会って話がしたい。

山もキャンプも、気兼ねなく行けるようになるのはまだ先かもしれない。

周りの人たちのペースに乱されることなく、正しい情報と判断の中で、

楽しむことを忘れないでいたいと思いました。

 

毎年咲く福寿草

それは何も変わることなく、季節を告げてくれる。

それを見て違いを感じるのは、観ている人間の方であって、

花には花の思うところがあって花を咲かせる。

来年はもっと明るい気持ちで観られるように願うばかりだ。

 

雪道

ジムニーでちょっと遠出。

f:id:gonfactory:20210306181427j:plain

やっぱり悪路や雪道走りたくなる気持ちは、

ジムニー乗りなら解ってくれるはず。

気合を入れて北へ向かうけど、先取りし過ぎた気温と

少しタイミングを外したことで、道路には全く雪が無かった。

それに雪の降る地方は除雪が行き届いているので、

主要幹線道路は雪が降った直後でも雪が無い事が多い。

チェーンを装着する駐車場のような広い待避所の端の方に

僅かに残っていた雪の上で新しいスタッドレスと、

新型ジムニーの四駆の性能をちょっと試して、

とりあえず目的は果たせた。

帰りに温泉寄って、家路に付いて写真を見ると、

やっぱりこういう景色ってジムニーに合うなぁと一人納得した、

久々のドライブでした。

待ち時間

毎年庭にやってくるシジュウカラ

やってくると言っても、餌場と水場を作っているので来てくれるのですが、

そんなヤツらにも個性があるみたいで、写真を撮らせてくれるヤツと

そうでない奴がいたりする。

シジュウカラは住宅地に近い場所に生息するので、

比較的人間には慣れているのだけど、

なにか他の事をしてたり、通り過ぎるだけの時には大丈夫でも、

カメラを持って待っていても、カメラを構えた瞬間に逃げていく。

まぁ、自分の殺気やカメラの腕もあるだろうけど、

今年のヤツらは本当に写真に収まってくれない。

こんなことでは野生の野鳥を撮るなんて、夢のまた夢である。

 

そんな待ち時間に、僕を不憫に思ったのかヒヨドリが枝にとまった。

f:id:gonfactory:20210228183900j:plain



たまに水場へ他の野鳥もやってくるのだが、

近くに植えてある蝋梅の芽か何かを食べにくるついでに

水場にいる姿を良く見る。

君のお陰でシャッターが切れました。

ここぞとばかりに撮ったわりには、写真の出来は今一つ。

これじゃせっかくモデルを買って出てくれたヒヨドリにも申し訳がない。
精進せねばと思う休日でした。

カルカッタコンクエスト2

カルカッタコンクエスト51Sを買うにあたっての経緯。

それは当時ハマってうたバス釣りの中に、その理由がある。

 

その当時、スピニングとベイトは持っていた。

一般的なバス釣りと同じく、スピニングは5lbのラインでワームやシャッド。

ベイトは10~14lbのラインで、いわゆる巻物をやっていた。

ある日、水生植物の混んだ池と出会い、スピニングでは取り込みが心配で、

かといってラバージグやテキサスのようなものでは釣れない。

3インチ程度のノーシンカーが一番有効であった。

僕は考えた末、8lbのナイロンをベイトに巻き、ノーシンカーで

水生植物の隙間を狙った。

もちろん掛けても潜られてしまえば終わりなので、

掛けてからスペースに誘導できるところまでルアーを飛ばさなければならず、

ワームにフォールに邪魔にならない程度のネイルシンカーを仕込んだり、

季節によって水生植物の少ない時には、フロロ6lbを使ったこともある。

後に、同じような事を川の石積やテトラでもやった。

その時、スピニングとベイトの釣れ方の違いを考えるようになった。

それは単なる僕の妄想だったのかもしれない。

しかし、より軽いルアーをベイトで使うために釣具を一新させた。

 

まず、竿とリールだ。

リールはピクシーにしようか、プレッソにしようかと

言うところで悩んでいた。

友人との何気ない会話で、全く視野になかった

カルカッタコンクエスト51Sの選択肢が浮上。

当時、ベイトはロープロがカッコ良く、レトロな丸形で

金ピカのボディーがいまいち好きになれなかった。

しかし、最終的な決め手はその容姿であった。

矛盾しているが、その時は全くその気はなかったが、

将来渓流をやる時に使えそうと言うのが決定打だった気がする。

 

竿はしばらくダイワのクロスビートと言うシリーズの一番柔らかい

番手を使っていた。

それでも必要十分で、リールの性能もあって飛距離もそこそこ出せた。

しかし、まだまだ望むところまでの飛距離がだせず、

スピニングを使う釣り仲間との釣果の差は、埋まる気配すら感じなかった。

そこで見つけたのが、今は無きダイコーのバロウズと言う竿である。

1/8~1/2ozが使え、さらにスパイラルガイドを搭載していた。

今でこそ当たり前にあるが、当、1/8ozと表記されている

ベイトロッドはほとんどなく、やっと巡り合った1本だった。

そして、そう言う仕様に振った、本来の使用目的に適した竿の

性能に本当に驚いた。

飛距離は伸び、確実に思い描いていた釣りに1歩近づいた。

その後、ウエダのPro-4に出会い、数々の魚を連れてきてくれた。

 

その数年後、渓流ルアーを始める事になった。

僕としてはシンキングミノーの5gを投げるのは簡単で、

投げやすい部類の重さと重心だったが、

周りに障害物が多く、スイングの制限される中でのキャストの

下手さがモロに露呈された以外は、すんなり渓流に移行できたのは、

他ならぬカルカッタコンクエスト51Sのお陰であろう。

 

未だに1軍であるカルカッタコンクエスト51S。

僕にとって永遠の名機だという事は間違いない。

 

カルカッタコンクエスト1

もう10年以上僕の愛機であるカルカッタコンクエスト51S

当時あまり浸透していなかった、軽量ルアーをベイトで投げると言う

コンセプトの元にリリースされたリールである。

カルカッタコンクエスト50をベースに、シャロースプールを搭載し、

細糸の使用を前提とした、最大ドラグ力2.5kgと言うスペックに

胸が躍ったのを覚えている。

当時ダイワで、リベルトピクシーもあったし、

その後同じボディーでドラグがフェルトを使った、

プレッソなんて言うのもあったけど、見た目の存在感、

所有感みたいなものは、カルコンの方が上に感じた。

 

ピクシーもカルコンも従来のシリーズでは、

ターゲットがほぼバスだったのに対し、

トラウトもターゲットになっていた。

しかし、その当時の渓流トラウト事情は、フローティングミノー、

スプーン、スピナーと軽量のルアーばかりで、

管釣りに至っては、2g程度のスプーンをベイトで投げるには、

かなり難易度は高かった。

それに、リールは軽量ルアーに適した物があっても竿が無く、

魚を釣るレベルの距離に投げるには、かなり困難であったと思う。

近年のベイトフィネスブームは、リール本体の性能だけでなく、

竿やライン、釣り方など変化がうまくかみ合った結果ともいえるだろう。

 

僕がカルコンを手にした頃なので、もう10年以上前の話になる。

当時、軽量ルアーをベイトで投げるのに、躍起になっている人たちがいた。

まだSNSなんてなく、ブログがそのコミュニティになっていた。

その頃、一般的には軽い物をベイトを使って投げる事は無駄をされていた。

僕も当時、「スピニングの方が釣りやすい」、「なぜそんな事するのか?」、

「カッコつけているだけだ」なんて事を言われたことがあった。

その当時、僕はまだまだ釣りが下手で、いやそれはいまもだけど、

ベイト特有のトラブルで、魚を釣る事さえままならなかった。

なのでそんな事を言われたとしても仕方がなく、

ただそれが自分の1番やりたい事だという事に変わりなく、

それだけが原動力となっていた。

その頃、そんなニッチな世界で楽しむ人たちのブログを読んでは、

参考にしたり、同じ事を考えている人がいると、心の支えになったりした。

スプールを組み替えたり加工したり、オリジナルの竿を作ったり、

計算式を使って論理的に軽い物を飛ばすにはと考えている人もいた。

ラインにPEを使い始めたのもその頃だった。

そこには既成概念に捉われず、自由な発想な人たちがいた。

 

渓流ルアーで言えば、ヘビーシンキングが徐々に浸透していき、

ほどなくして、交換用のシャロースプールを発売するメーカーも現れ、

竿のメーカーからも少しずつ軽量ルアーを投げる為の竿が発売され、

大手2社は競ってベイトフィネスを押し上げて行った。

今や渓流でベイトを使っている人も良く見かけるようになった。

この10年で釣具もだいぶ進化したと思う。

 

まだ、カルコンの思い出が話きらないので、

次回は当時どんな釣りに使っていたなんて話をしたいと思います。