毎日を明日なきものとして生きる

外遊びの楽しさを探すブログ

家守

f:id:gonfactory:20210605184935j:plain
毎年初夏になると姿を表す、
我が家に同居しているヤモリ。
台所の窓に集まる虫を食べにやってくる。
今年は大きいのと、もう一匹小さいのもいる。
大きいのは去年きたやつか?
小さいのは春に生まれたやつか?
ヤモリは家守とも書く、家の守り神。
そんな思いを馳せながら、今年も姿を表した
ヤモリの観察が楽しみです。

藤棚

今年の春先は暖かく、桜の開花も早かった。

それは僕の庭にある藤も同じく、2週間ほど早く開花した。

f:id:gonfactory:20210429163834j:plain

例年はGWあたりが満開なのだが、今年はGWには半分ぐらい

散っている事だろう。

昨年、この藤棚を見ながら、来年のGWはどこか遊びに

行けるだろうかと、楽観的に考えていたけど、

現実はそんなに甘くなかった。

それでも何も変わらず毎年咲くその花は、

健気で力強く、僕に僅かばかりの希望を抱かせてくれた。

来年こそは日常が戻りますように。

花畑

少し前の話になるが、

自宅に近いところにあるネモフィラの花畑へ、

気分転換も兼ねて写真を撮りに行った。

f:id:gonfactory:20210505084546j:plain

早く、写真撮っていても後ろめたい気持ちから解放されたいと祈る。

そんな時でも花はいつものように花を咲かせる。

f:id:gonfactory:20210505085936j:plain

もう少し、もう少し。

頑張ろうかと思う。

感染症予防

我慢の連休となって2年目。

第4波で感染者が伸びている中でのGW。

昨年と何が変わったかと言えば、我々の意識ではないだろうか。

それは僕も同じことで、我慢の中でのストレス、

この生活に慣れてしまったのは決して否めない。

 

4月の末に学生時代の友人の転勤するにあたって、

送別会をやろうと2か月前ぐらいから計画していた。

計画したころは感染者数も減少していたし、

僕らの地域では飲食店の時短要請も出ていなかったが、

なんとなく気が乗らなかった自分がいた。

他の友人がLineのグループの中で盛り上がる友人たちに

水を差すようなことはその時言えなかった。

4月下旬になって、感染者が増え、結局送別会の中止を申し出たのだが、

その時も、輪を乱すんじゃないか?とか思って、

なかなか中止しようと言い出せなかった。

 

インフルエンザと同じ、インフルエンザより死亡率は低い。

そんな風邪の延長のようなことぐらいの事を気にするなんて、

ビビッてんじゃねーよ、とか思っている人も多い。

僕もこの考え方には半分は理解できる。

自分自身、明日死んだとしても別に後悔することもない。

しかし、自分以外の人に迷惑を掛けたくないと言う気持ちが、

もう半分の僕の意思を踏み留めていると思う。

 

未だ謎が多いコロナウィルスなだけに、

その理論は当てはまらない部分が多く、

それは現実から目を逸らすための、都合の良い解釈である。

それにこの自粛生活の中、人付き合いの考え方がだいぶ変化した。

年齢を重ねるにつれ、プライベートにおける上辺だけの付き合いを、

排除したいと言う気持ちが大きくなったような気がする。

だから、理由があって約束を断ることで、

とやかく言うような友人は、自分の友人にはいないと思いたい。

自分のわがままであればつゆ知れず、

この状況下では「よく言ってくれた」と理解してくれると思うのだ。

もちろん、友人に会いたくないわけではなく、

友人やその友人が大切にする人、自分の家族、会社の人、

その先には無限の繋がりがあって、その人達の生活を脅かすと思うと、

後悔しない行動ができるか自信がない事は辞めるべきであると思うのだ。

その事を改めて考え直すことが多くなった。

決して、飲食や飲酒が悪ではなく、それらが感染リスクを

高くする行動である事から、懸念されているのである。

もう一度、自分の行動を見直す良い機会ではないだろうか。

 

2019年長野県を襲った台風19号

災害ボランティアに行った時、他のボランティア、地域の住民、

仕事で災害復旧を行っている人に「ありがとう」と言う言葉を掛けられ、

僕も自然と「ありがとう」と発していた。

このコロナ禍もある種自然災害である。

しかし、最初は自然災害あっても、ある地点から人為的な災害と

移り変わっている。

医療のひっ迫、経済的不安、精神的苦痛。

それらは災害に当てはまる。

災害は一人の努力では何にもできず、より多くの協力が必要だ。

このコロナ禍でも「ありがとう」と言い合える行動が、

今の世の中必要で、「ありがとう」と感謝される行動が

必要なのではないでしょうか。

 

僕の友人もありがとうとは言わなかったが、

当分の間会う事は出来ないにも拘らず、

「しゃーないな」と理解してくれた。

この判断が正しいかは正解が出ることはないが、

残念な気持ちはあれど、少なくとも間違いであったと

後悔することはないと思える。

 

遠慮しながら

自粛、自粛と何かと我慢強いられる日が続く。

たまには気晴らしと、車でほど近い河川敷の桜を買い物のついでに見に行った。

 f:id:gonfactory:20210411191423j:plain

桜並木に沿って、散歩しながら写真を撮ったりした。

来年は桜の下でお弁当ぐらい食べられるようになればと、祈るばかりです。

f:id:gonfactory:20210411191452j:plain