毎日を明日なきものとして生きる

外遊びの楽しさを探すブログ

ただの釣り好きが山頂を目指す その3

この記事は過去の投稿です

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

ここまで来ると周りの登山者もさすがに

キツそうである。

皆、苦しいのは一緒だと少し安心した。

大鳥居を通過すると久須志神社の鳥居も

ハッキリと見えるようになってきた。

呼吸は少し乱れただけでもすぐに

息切れを起こす。

前にいる登山者も、その前にいる登山者も

ペースが落ちるのはもちろん、

足が止まる回数が少しずつ増え、

それに便乗するように僕も足が止まる。

目標はすぐそこなのにこの時は

果てしなく遠く感じた。


足を止めなければいずれ頂上に辿り着く。

ある登山家の言葉なのだが、

この時はこの言葉の意味を

深い部分で知ることになった。

一歩、いやこの時は半歩ずつ

次の一歩を踏み出す。

この歩みを止めなければ、

やがて山の頂きにたどり着ける。

この言葉の意味を噛み締めるように


目前の頂上に向かった。


いよいよ久須志神社の鳥居を潜る。

陽気な外国人が国境を掲げ、

記念撮影をしている。

その脇を通り、ついに久須志神社へ辿り着いた。

イメージ 1




眼下には雲海の切れ間に湖も顔を覗かせた。

イメージ 2




しばらく景色を眺め、周囲の登山者の

記念撮影にお付き合いして

シャッターを押しては、同じ登頂者と

喜びを共有する。


久須志神社の中に入り、赤いお守りを

お土産に一つ購入した。

そのお守りを入れてもらった紙袋に

「登頂証明」と入った記念のスタンプを

捺すと、幼い頃に旅先でパンフレットに

捺したスタンプのことを思いだし、

その時感じであっただろう同じ気持ちが蘇る。

神社の前のベンチに腰掛け、

ザックの中から朝食を取り出す。

イメージ 3




おにぎりは荷物に押され、

潰れていた。

その潰れたおにぎりを口一杯に頬張ると

今更になって登頂の感動が

胸に込み上げ、少し涙ぐみそうになったのを

首に掛けたタオルで顔を擦るように隠した。

再びザックを背負うと火口を覗きに歩く。

イメージ 4




正真正銘日本一高い場所、剣ヶ峰。

3773mの頂きには行かず、

周辺をブラブラと歩き、

写真を数枚撮った。

いつになるかわからないけど、

3773mの頂きに立つのは、

その時の楽しみに取っておくことにした。

正直、この時点で満足してしまった

自分がそこにはいた。

そんな自分にはそこまでは辿り着けないと

感じたからそう思ったのかもしれない。

そして下山道を下り始めた。

イメージ 5




下山道の八号目付近から山頂を見上げると、

あんなに苦労して登った山頂があんなに

小さくなっていた。

一抹の寂しさを覚えながらひたすら

登ってきた道を横目に下ると、

膝に痛みを感じるようになってきた。

まだまだ鍛え方が足りないと言うことだろう。





下を見れば 遥か下界にあった雲海が

目の高さまで近づいていた。

やがて雲海のなかを抜け、

登山道との合流地点に差し掛かると、

多くの登山者とすれ違う。

疲労した僕とは対照的に

これから頂上を目指す意気揚々とした

顔を見ると、また登りたいなんて

思うのが不思議だった。


こうやって僕の挑戦は無事に終わった。

下は小学生でさえ登れる山であるが、

初心者の安易な発想を覆すには十分な

過酷さがそこには待っていた。

やはり自然相手の遊び、その懐は深く、

やり遂げたと言う結果は

自分のなかで大きなものとなった。

単独の登山ではあったが、

周りのいろんな人の協力と

応援があったからこそでもあると

今も感謝の気持ちで一杯だ。

この場を借りてお礼申し上げます。

ありがとうございました。


五号目に戻るとお土産を買うべく

ブラっと店へ入る。

ちょっとしたお土産を購入し、

外に出ると富士山頂には雲が掛かっていた。

駐車場への階段を下りようとしたとき、

雲が晴れ山の輪郭が姿をあらわした。

イメージ 6




ほんの一瞬の出来事。

山が快く送り出してくれたかのようでした。

帰りの道中がほとんど雨のなかだったことを

考えても、いろんなことに感謝しなければ

ならないと、今になっても思うのでした。

ただの釣り好きが山頂を目指す その2

この記事は過去の投稿です。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

秋の気配を明確に感じるようになった

9月最初の週末。

僕は富士山へ向かう車の中、

秋の気配を車窓から流れる山並みが

すでにその気配があることを

感じつつ、先を急ぎアクセルを踏んだ。

昨日までの天気予報では

この日の天気は悪く、富士登山

諦めていた。

しかし、出発当日の天気予報は

奇跡的に晴れになり、こうして車を

走らせている。

目的地に向かう途中は所々で夕立に合い、

本当に大丈夫かと不安になりながらも

雨足が弱まる度に再び期待感が込み上げ、

自分の中にある登山への不安と同じように

交錯する空模様に自分を重ねていた。


今回、登山口はアクセスとマイカー規制を

考慮して富士吉田口を選んだ。

富士吉田近郊で遅めの夕食を済ますと

夜の峠道を5号目へ車を走らせる。

遠くに見える夜景を楽しみながら、

やがて車は富士吉田口の5号目駐車場に

到着した。


自分が想像をしていたより多くの車が

すでに駐車され、その中には

今まさに出発しようと言う人たちの姿もあった。

とりあえず車を停めると、外の空気に

触れようと車のドアを開け外に出た。

路面はほとんど乾いていたが、

所々うっすら濡れたところもあり、

ここでも雨が降っていたようだ。

そして夜空を仰げば満点の星空に、

時折流れ星が一筋の光を放つ。

雨で大気が洗われたお蔭、

雨にも感謝しなければならない。


高地の順応のために駐車場で仮眠を取り、

早朝に出発する予定でシートを倒し、

逸る気持ちを押さえながら目を閉じた。

今いる5号目で標高はすでに2000mを

越えている。

高山病のリスクを低くするための

高地順応である。


不意に車のエンジン音で目が覚めた。

外を覗くと登山者が次々と出発するのが見えた。

時計の針を見れば数時間しか経っておらず、

目を閉じて再び興奮をなだめる作業で

熟睡ができる状態ではなくなる。

それでも目を閉じていれば少しは

休まるかと細やかに抵抗する。

まさに自らとの心理戦である。


寝る前に見た大きく丸い月は

西に傾き、すっかりその姿を

消していた。

駐車場に少々の灯りはあるものの、

その周辺に街灯りがないと言うのは

これほどまでに暗いのかと

思わせた。

横になったままの姿勢で携帯の

天気予報を確認する。

驚いたことに微妙だった予報は

見事に一変し、晴れマークが並んでいた。

しかし、午後には一気に下り坂となる。

これを見て天候が変わる前に

出発することにした。

身支度をするために車外に出ると

気温に驚く。

さむ~

すでに晩秋のような気配に

一抹の寂しさを感じながら

ザックを背負い、いよいよ挑戦が始まる。


登山道に入るとヘッドライト無しでは

歩けない暗さに怖さすら感じた。

下を見れば遠くに夜景が見え、

上を見ると山の斜面にポツポツと

灯りが見えた。

それは山小屋の灯りだと言うことを

登って行くことで解った。


「最初の一時間が勝負だよ」

富士山に行くと話すと知人がそう教えてくれた。

初心者に有りがちなのはオーバーペースで

体力が続かない事がよくあるようで、

最初はゆっくり過ぎると思うぐらいが

丁度よいとアドバイスをいただいていた。

これは普段渓流の際にも思う事だが、

帰りの事を考えて上流を目指さなければ

ならないと言うことと同じ。

ある登山家はなんのために山に登るかの

質問に「下るため」と答えたそうだ。

例えるなら家に帰るまでが遠足です、と

同じだろうか。

そんなことを考えながら歩を進めると

少し開けた場所に出た。

立ち止まり、ヘッドライトを消すと

プラネタリウム顔負けの星が見える。

星降ると言う形容がピタリとくる。

いつも見慣れたオリオン座が見つけられない。

なぜかと言えば普段は肉眼で見ることの

出来ない星も見えてしまうからである。

五号目で見たものでも凄いと感じたが、

それより更に凄い星空に圧巻する。

北海道で見た星空と同じく、

迫りくるような星に感動した。


六号目に到達するとザックから

飲み物を入れ替え、休みなく出発した。

スローペースが功を奏したのか、

順調に登っていく。

イメージ 1




七号目に到達する頃、東の空が白みだす。

朝マズメ、そんなことを思いつつ、

少し休憩した。

この辺りで標高は3000mぐらいか?

歩いている時は気にならなかったが、

止まると途端に寒さを感じる。

風も強くなり、体感温度

更に低くなる。

この時点で手袋をした気がする。

イメージ 2




ここで御来光を拝もうと思ったが、

寒さもあり、先に向かうことにした。


場所は七号五尺ほどに差し掛かったころ。

雲海の中より太陽が顔を出す。

イメージ 3




ゆっくりと上がり行く太陽を見て、

自然と手を合わせる自分があった。


休憩がてらに日の出を眺め、

再び山頂をめざした。

イメージ 4




八号目を通過する頃には

太陽が山の斜面を照らし、

これから向かう山頂を初めて伺えた。

会社の人が貸してくれたてるてる坊主。

もちろん貸してくれたのは女性で

「これホンマご利益あるから持っていきぃ」

と、コテコテの関西のおば・・・

もとい、素敵なマダムから借りたものなのだ。

こんなにピンポイントで晴れるなんて、

本当にご利益はあったようだ。

帰って来てから解った事だが、

このてるてる坊主は東日本大震災

復興を願い、観光協会が売り出したもので、

売り上げの一部は義援金になっているようです。



八号目を越えた辺りから急に斜面が

キツクなり、それまでも点在していたが

ガレ場が続き、いよいよイメージする

富士山らしくなってきた。

それと同時に蓄積された疲れもあるだろうが、

徐々に苦しくなってくる。


八号五尺と九号目にそれぞれ鳥居があり、

小鳥居と大鳥居と言うらしい。

その先には山頂の久須志神社もなんとなく

視線の先に入ってきた。

見えている目標は簡単だと思っていたが、

その僅か先にある目標がとてつもなく遠い。

続く

ただの釣り好きが山頂を目指す その1

すみません、このコロナ禍でネタも底をつきました。

過去の投稿で、繋ぎます。

かれこれ、7年前ぐらいの思い出です。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

無謀にも山登りの初心者が

日本最高峰へ挑戦する話です。



日本人のみならず、海外の人でさえも

知っている日本一高い山、富士山。

その山に登ろうと真剣に考えたのは

昨年の話である。

なんでそう思ったのかなんて

イマイチ記憶にない。

丁度北海道遠征のトレーニングがてら

山登りに数度行った直後であったのが

強いて言えば切っ掛けなのかもしれない。

いつかまた訪れるかもしれない北海道遠征のために、

自分の自信のため、通過点として富士山を選んだ。

日本最高峰に登れば何かの糧になるだろう。

その時はそんな風に思っていた気がする。


小学生から年配の方まで登る、登山者に

幅のある富士山なのだが、なにせ山登りの経験の少ない

僕にとっては体力的に不安があったが、

春先より近所の山に出掛けるなど

少しずつではあったが、準備もしていた。

最終的な目標の富士山の前に

最低でも2000m級の山に登っておきたかった。

そこで富士登山準備として選んだのが

長野と群馬を跨ぐ浅間山

その形は富士山にも似ていて、

本山は浅間富士とも言われている。

まさにうってつけとはこの事だ。


8月中旬

空が明るくなる時間帯に、登山口近くの

駐車場を出発した。

今回は浅間の外輪山の黒斑山へ登る。

浅間山の火口があるのは前掛山と言うらしい。


この日は朝のうちは雲が多いが、

天気は回復傾向にあるとのことで、

期待して挑んだのだが、ガスって視界は最悪。

それでも黒斑登頂までには濃霧も晴れると

信じて山頂を目指した。

イメージ 1

 

イメージ 2



普段なら気にも留めない足元の野草にも

カメラが自然と向く。

イメージ 3



黒斑山頂

晴れていれば山頂より目の高さに

浅間山が見え、眼下には谷に濃緑の森が

箱庭の様に見えるはずだったのだが、

視界は濃霧の白い世界が広がるばかり。

この時ばかりは日頃の行いを悔やんだが、

今更ジローである。


浅間外輪山で一番の標高の黒斑山は2404m。

その山頂より尾根づたいに現れるには

蛇骨岳、仙人岳と続く。

イメージ 4

 

イメージ 5




時折吹き上げる強風が霧を巻き上げ、

露出した部分はかじかむほど冷たい。

どんな山でもナメてはいけないって

事を再認識させるようでもある。

かと思えば霧が薄くなり、太陽が顔を見せると

今度はジリジリと夏の日差しが肌を刺す。

これらを体感することで教訓となり、

この積み重ねこそ経験値なのだと、

なんとなく成長した気分にさせてくれた。


尾根の行き止まりにあるのが、Jバンド。

イメージ 6




写真の矢印の方に進むのですが、

ホントに降りられるの?って不安になるような

心細い山道です。

Jバンドを下りきると、浅間山(前掛山)火口方面と

黒斑山へ登るルートに別れます。

火口まで行くと往復で二時間ぐらい掛かるようなので、

今回は帰り方面の湯の平経由で黒斑山を

別ルートから再び登ります。

イメージ 7




湯の平から草滑に入りますが、視界は一向に晴れず。

帰ってきて気づいたのですが

写真もほとんど撮っていませんでした。

この草滑が後半に差し掛かったところに

現れる難敵で、かなりの傾斜を登っていきます。

この草滑が黒斑山のもう1つのルート。

登りきったところで、体力もかなり消耗していた。

何しろ景色が見えないのはモチベーションが

持たなく、トレーニングの一環と

思っていたのだが、流石に気持ちも萎えてくる。

さっさと下ってしまおうと下り始めると、

少し視界が広がった。

イメージ 8




この時間になると登山者も増え、

行き交う度にこんにちはと挨拶を交わす

その行為がなんとなくほのぼのした。


標高が下がるにつれ、今はまだ8月だと

言うことを思い出させるような気温。

麓から上がってくれば高原の爽やかな風も

僕にとってはちっとも涼しくない。

ようやく駐車場までたどり着くと

登山者、観光客に混じり中学生の陸上部の

姿があった。

恐らく高地トレーニングなのだろうが、

駐車場の端に集合した後に、

ごみ袋を持って四方に散らばって

ごみ拾いをしていた。

僕の方に歩いてきた一人の男子中学生が

チーッス!と挨拶をしてきた。

僕もお疲れさん!と右手を上げ声を掛けた。

こんな自然の中でゴミを捨てる方が難しい。

山登りの後だからだけでない爽快な

気持ちにさせてくれた。

もう山なんか登らねー!って思いも過ったけど、

こんな気持ちになれるから、また登ろうかななんて

思うのかもしれない。

イメージ 9



山野草の本を片手に写真に納めた

花の名前を調べる。

それもまた山登りの楽しみ。

こうやって無事に1つ課題をクリアできた。

次はいよいよ日本一の山に挑戦する。

カツオ

f:id:gonfactory:20210629113945j:plain

ギリギリ初鰹と呼べる時期、初物に舌鼓を打つ。

特にこれと言って大したことではないのだけど、

こんなご時世でなければ、居酒屋で食べていたかもしれないし、

海辺のキャンプ場で食べていたかもしれない。

うらめしいことだけど、こうやって旬のものを頂けるということが、

ただただありがたいと思えるようになったのは、

慣れてしまったからなのだろうか、

もしくは心が痩せてしまったからなのだろうか。

いずれにせよ、今をどう過ごすか考える時間に、

時節を感じられるという些細な事は、

このご時世ありがたい事である。

77777

f:id:gonfactory:20210620073519j:plain

僕の愛車、CX-5が走行距離77,777kmになりました。
通勤はもちろん、プライベートでも活躍、
色んな所へ一緒に行きました。
単に移動手段ではなく、正に相棒です。
僕的には忠実な相棒、そんな存在なのです。
例えば、仕事に行っても、買い物に行っても、
車を置いて出掛けても、ずっとその場で待っている。
当たり前のようですが、僕にとってはハチ公の
ように感じるんです。
そんな忠実さがあるから、大事に乗ってあげようと
思えるのかもしれません。
そうすると、車もオーナーを助けてくれるかも
しれませんね。

まだまだ、これからも一緒に走り続けようと
思えた出来事でした。

みどり摘み

f:id:gonfactory:20210612083033j:plain

昨年緊急事態宣言の最中、
春先の松の剪定をしました。
松の新芽の剪定を、みどり摘みと言い、
見た目だけでなく、病気の予防にもなる。
昨年初めてやったのだけど、年末の剪定が
多少楽になった気がしました。
そんなみどり摘みを今年もやりました。

「来年のGWは出掛けられるか?」なんて
考えていた昨年続いて今年も外出自粛。
来年こそコロナのことを考えない休日に
なって欲しいと願うばかりです。

家守

f:id:gonfactory:20210605184935j:plain
毎年初夏になると姿を表す、
我が家に同居しているヤモリ。
台所の窓に集まる虫を食べにやってくる。
今年は大きいのと、もう一匹小さいのもいる。
大きいのは去年きたやつか?
小さいのは春に生まれたやつか?
ヤモリは家守とも書く、家の守り神。
そんな思いを馳せながら、今年も姿を表した
ヤモリの観察が楽しみです。