読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

毎日を明日なきものとして生きる

外遊びの楽しさを探すブログ

植木

日常

いまいち季節の移り変わりを感じにくかった今年の初秋。

長雨や台風の被害も多く、行楽も予定通りにはいかなかった人も、

少なくは無いかと思います。

僕もその内の一人で、キャンプ、釣り、山登りと

軒並み中止を余儀なくされ、フラストレーションの溜まった

ここ1ヶ月でした。

そもそもアウトドアって遊びは自然が相手。

思うようにならないのも、裏を返せば楽しさの1つ。

なぁんて近頃はかっこつけて思うのであります。

 

この時期、毎年恒例となるのが庭の植木の剪定。

親父が亡くなってからと言うもの、その役目は自動的に僕になりました。

そう言うのが好きなら、趣味として楽しみなのですが、

いくらアウトドアが好きでも、植木はねぇ・・・ってところは隠せません。

しかし、そんなことを言ってても、庭がジャングルになっても

困るので、重い腰をあげることにします。

 

例年であれば行事の多い9、10月は避けて、11月ぐらいから

ボチボチ始めるのですが、天候不純で予定がずれたり、

すっぽり空になってしまったりと、それなら嫌なことから

片付けてしまえと、前倒して始めました。

毎年晩秋にかけて行う理由は、

1 蜂など危険な虫が少なくなる

秋の蜂は特に攻撃的で危険です。

高い場所に巣を作るイメージですが、

草むらのちょっとした影や、犬小屋ほどの屋根の高さにも作ります。

知らずに草むらに入って、刺されるなんてこともあるので注意です。

植木の中にも巣を作る事があります。

以前に木を刈り込んでいて、巣を落としてしまった事があり、

あの時は焦りました・・・。

幸いその時は刺されませんでしたが・・・。

ゾッとします。

毛虫などもいるので注意です。

 

2 暑くない

虫刺されや、樹木でのかぶれ防止のために、長袖来ています。

なので、晩秋は長袖でも暑くありません。

針葉樹はチクチクするので、僕はよくかぶれます。

 

3 秋の行事が終わっている

これが一番の理由かもしれません。

山も釣りもキャンプも、外遊びには絶好の季節ですからね。

 f:id:gonfactory:20161011110346j:plain

そんなこんなで先ずははさみを研いでおきましょうか。

皆様も深まる秋を堪能してくださいね。

皆様の秋は、何の秋でしょう?