読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

毎日を明日なきものとして生きる

外遊びの楽しさを探すブログ

初魚

4月に入って、入学式に桜の開花を間に合わせるかのように、

一気に春らしくなってきました。

今日入学式の学校も、多いと聞きます。

やはり校庭に桜が満開だと、文字通り入学式に花を添えると

感じさせますね。

 

週刊天気予報を見ると、週末の天気は雨。

半分諦めながらも、往生際悪く目覚ましだけはかけて就寝。

アラームで目を覚まし、布団に潜ったままで天気予報を見ると、

曇りマークに変わっていた。

それからイソイソ支度を始め、今シーズン初のホームの川へ向かった。

 

そのシーズン最初に訪れる川には、毎年同じようなワクワクがある。

川は毎年少しずつ変化があり、懐かしさの中にもワクワクが存在する。

どうやら秋から冬の間に、整備をしたようで、

流れが大きく変わっていた。

しかし、それは護岸とかではなく、あくまで自然を壊さずに、

岸の侵食を防ぐ為の整備に僕は思った。

川筋を川幅の中央に寄せたことで、新たに良い縁が生まれていたからだ。

なんとなく『帰ってきた』と言う気持ちにさせてくれるのである。

 

スタート時には降っていなかった雨も、

進んでいくうちに雨粒が強く水面を叩くまでになり、

断続的に終始降り続けた。

目に着く良いポイントは反応はなく、

当たり前の話だが久しぶりだと言うのに、

魚は僕との再開を歓迎していないようだ。

 

お気に入りのストレッチの中盤で、良いポイントが連続する。

最初の縁でチェイスがあると、2つ目でバラシ、

3つ目でようやく顔を拝むことができた。


f:id:gonfactory:20170410095257j:image

ここのところ渓流の初魚はこの川である。

家に着く頃には小降りになった空を横目に、

濡れた道具を干すのでした。