読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

毎日を明日なきものとして生きる

外遊びの楽しさを探すブログ

ブログをやめて

僕が8年間続けたブログを止めたのは、7月のこと。

釣りのこと、山のこと、ハンドメイドのランディングネットやキャンプこと、

そして、他愛もない日常のこと。

何となく始めたものが、8年も続いた事に驚いていたのは自分自身であった。

色々あって、色々考えた挙げ句に閉鎖しようと言う決断になったのだけど、

いざ止めようとすると名残惜しさや、心残りもあったりして、

後ろ髪引かれる思いで、8年間を締めくくった。

再びブログをやるつもりは無かったし、

SNSでもブログの代わりは十分にできる。

それほどブログ自体に執着は無かったけど、

書くことをしなくなって、しばらくして無性に『書く』事を

したいと思っている自分に気付いた。

ブログと言う媒体から離れ、何かを感じたとき、

何かで感動したときに、その思いを書き留めておく手段として

ブログをやっていたのだと、その時気付かされました。

別にブログにこだわること無く、手帳でも構わないのかもしれないけど、

『人に見られる可能性のある文章』を書いていると言う、

緊張感みたいなのは閉鎖的な日記みたいな物には無く、

そこが再びブログを始めた切っ掛けにもなった。

 

ブログをやっている人達には、それぞれの理由があると思う。

それがブログをやめて改めて感じた、ブログの魅力なのかもしれない。